災害時の住環境・生活環境EXPO2017来場のご案内

みんなのアレルギーEXPO2017共催・BOALEプロジェクト

災害時の住環境・生活環境EXPO2017

開催日時
2017年10月10日(火)12時~19時
2017年10月11日(水)10時~16時
開催会場
京王プラザホテル 4階 花及びホワイエ、会議室(けやき、かえで) (東京都新宿区西新宿2-2-1)
主催
一般社団法人 日本環境保健機構
共催
一般社団法人 地域防災支援協会

1.災害時の住環境・生活環境EXPO2017のご案内

「災害時の住環境・生活環境EXPO」は、出展者から来場者に一方的に情報を流すだけではなく、来場者のおもいや意見に耳を傾ける交流、さらに出展者同士の交流など参加者同士が横のつながりを持ち、発展していく場として、セミナーや、参加型のセッション、出展者と交流を図ることができるブース展示などを用意しています。

主な内容(予定)

  1. 災害教訓の専門セミナー
    東日本大震災や熊本地震の避難所実態、避難所外生活の実態、過去の災害における生活支援 など
  2. 今後の災害対策の専門セッション
    子どもたちの安全対策、被災地と未災地の平時連携、首都直下地震の生活再建、教訓による教育のあり方 など
  3. 一般企業の商品及び取組紹介
  4. 専門団体の取組紹介
    いのちをまもる、くらしをまもる、すまいをまもる
  5. EXPO総合メディア「BOALE」紹介

入場料

  • 入場料は無料です。()

2.被災地と未災地の協働イベント概要

(1)被災地の教訓に関するセミナー

過去の災害において「被災地」で課題になったことやそれに対する対応について、今後の災害に向けて必要となる教訓をセミナー形式で紹介します。

  • 東日本大震災や熊本地震などの避難所の実態
  • 生活再建に向けた課題と対応の進め方 など

(2)未災地における今後の対策に関する専門テーマ型セッション

首都直下地震や南海トラフ巨大地震など、今後大規模災害の発生が想定されている「未災地」で必要な対策を専門テーマ型セッションに分かれて考えます。

  • 首都直下地震における帰宅困難者への危険性と必要な対策
  • 避難者への適切な情報提供の進め方
  • 被災地と未災地間での平時からの交流の重要性と方法 など

(3)3テーマ展示ブース 商品及び取組紹介

企業など一般法人の防災対策に資する取り組みや製品などの紹介を行います。

  • いのちをまもる
  • くらしをまもる
  • すまいをまもる

(4)3テーマ展示ブース 団体取組紹介

官公庁など公的団体や業界団体、専門団体の防災対策に資する啓発情報の紹介をします。

  • 各自治体が作成しているパンフレットや案内など
  • 防災対策に対する啓発活動をされている団体など
  • 過去の災害における対応や教訓などを発信している団体など

(5)専門講座

共催の地域防災支援協会では、避難所など被災後の暮らしをまもるために必要なスキルを、専門講座形式で解説いたします。

3.専門セミナーやセッションのご案内

専門セミナー・セッションは準備です。

4.専門セミナー・セッションの事前登録

専門セミナー・セッションは準備です。

5.お問合せ先・連絡先

EXPOの総合運営について
  • 一般社団法人 日本環境保健機構内 災害時の住環境・生活環境EXPO 2017実行委員会
  • 〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-11-5 吉泉ビル2F
  • TEL:03-6869-8270
  • FAX:03-6869-8272
  • メールアドレス:info@jeho.or.jp
EXPO内で開催されるイベントについて
  • 一般社団法人 地域防災支援協会内 災害時の住環境・生活環境EXPO 2017担当
  • 〒104-0042 東京都中央区入船3-1-5
  • TEL:03-6280-3452
  • FAX:03-6280-3453
  • メールアドレス:apply@boushikyo.jp