2017/10/10 避難所・一時滞在施設の運営訓練の進め方

セミナー情報

避難所・一時滞在施設の運営訓練の進め方「避難者、帰宅困難者の問題から考える」は終了しております。

セミナー名
避難所・一時滞在施設の運営訓練の進め方「避難者、帰宅困難者の問題から考える」
セミナー日時
2017.10.10(火) 14:00~ 14:45
参加費
無料
セミナー概要
避難所や一時滞在施設で救援する立場から、あるいは、逆に避難者になった立場から、与えられた状況にどう対処するかを、グループで討議することによって、今まで気づかなかった視点の見つけ方や、いざそうした状況におかれた時の心構え方について検討します。
申し込み方法
終了しております。
会場
京王プラザホテル4階 かえで
〒160-8330 東京都新宿区西新宿2-2-1 京王プラザホテル

セミナー内容

概要

自宅が倒壊したり焼失してしまった場合や、外出中に地震に遭って交通機関が途絶した場合には、避難所や帰宅困難者の受け入れのための一時滞在施設に避難して支援を受けますが、そこにはいろいろな問題があります。
このセッションでは、避難所や一時滞在施設で救援する立場から、あるいは、逆に避難者になった立場から、与えられた状況にどう対処するかを、グループで討議することによって、今まで気づかなかった視点の見つけ方や、いざそうした状況におかれた時の心構え方について検討します。

講師名

避難所・帰宅困難者セッション
コーディネーター 梶秀樹(筑波大学 名誉教授、一般社団法人地域防災支援協会 理事)

講師プロフィール

1942年生まれ。東京工業大学大学院修了。1985年筑波大学社会工学系教授、1993年国際連合地域開発センター所長を兼任、1999年慶應義塾大学総合政策学部教授、2007年東京工業大学特任教授、2014年から現職。工学博士。元東京消防庁火災予防審議会副会長。専門は都市防災学。東京都出身。