2017/10/11 災害教訓から首都直下地震の避難所対応を考える

セミナー情報

災害教訓から首都直下地震の避難所対応を考える「“東京さすけなぶる”・避難所対応講座」 は終了しております。

セミナー名
災害教訓から首都直下地震の避難所対応を考える「“東京さすけなぶる”・避難所対応講座」
セミナー日時
2017.10.11(水) 13:00~ 13:45
参加費
無料
セミナー概要
東日本大震災の避難所で実際に起きた様々な事例を基に対応を学ぶ、ワークショップ型の新しい避難所教育ツール「さすけなぶる」を、東京で首都直下地震が発生した場合に想定をアレンジした「東京さすけなぶる」として体験頂きます。
申し込み方法
終了しております。
会場
京王プラザホテル4階 かえで
〒160-8330 東京都新宿区西新宿2-2-1 京王プラザホテル

セミナー内容

概要

これまでの災害から多くの教訓が生まれています。それらの教訓をこれからの災害対策に生かすことが災害教訓教育の一番の目的です。このセッションでは、東日本大震災の避難所で実際に起きた様々な事例を基に対応を学ぶ、ワークショップ型の新しい避難所教育ツール「さすけなぶる」を、東京で首都直下地震が発生した場合に想定をアレンジした「東京さすけなぶる」として体験頂きます。
刻一刻と変わる状況の中で、多種多様な問題が発生した場合に臨機応変に対応していかなければならない災害対応の考え方をお伝えします。

講師名

教訓教育セッション
コーディネーター 三平洵(一般社団法人地域防災支援協会 代表理事)
ファシリテーター 天野和彦(福島大学うつくしまふくしま未来支援センター 特任教授) 他

講師プロフィール

コーディネーター 三平洵
1982年生まれ。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士修了。東京工業大学グローバルCOE研究員(RA)などを経て、2007年株式会社イオタ入社。2012年から代表取締役。2014年に一般社団法人地域防災支援協会を設立し、代表理事となる。東京都総合防災部主催の防災講習会や生活文化局主催の地域活動支援アドバイザー事業で講師を務めるなど、地域の防災対策に精通。福島大学うつくしまふくしま未来支援センター 客員研究員。東京都出身。

ファシリテーター 天野和彦
2011年の東日本大震災発生時には、郡山市の「ビックパレットふくしま」に開設された福島県下最大の避難所で、県庁運営支援チームの責任者として支援に携わる。富岡町生活復興支援センター「おだがいさまセンター」センター長を経て、2012年より現職。福島県出身。

講師インタビュー