2017/10/11 首都直下地震後の仮住まい広域化の可能性

セミナー情報

首都直下地震後の仮住まい広域化の可能性は終了しております。

セミナー名
首都直下地震後の仮住まい広域化の可能性
セミナー日時
2017.10.11(水) 10:30~ 11:10
参加費
無料
セミナー概要
最新の被害想定や住宅統計・データを用いた研究結果から、想定首都直下地震後の仮住まい広域化の可能性を指摘し、国内外の多様な対応事例をご紹介します。
申し込み方法
終了しております。
会場
京王プラザホテル4階 けやき
〒160-8330 東京都新宿区西新宿2-2-1 京王プラザホテル

セミナー内容

概要

首都直下地震後の仮住まいは、BCP(事業継続)や帰宅困難といった問題に比べて、これまで注目されることが少ない問題でした。しかしながら、災害により住宅を失った方が必ず直面し、その生活を左右するような大きな問題です。
本セミナーでは、最新の被害想定や住宅統計・データを用いた研究結果から、想定首都直下地震後の仮住まい広域化の可能性を指摘し、国内外の多様な対応事例をご紹介します。行政はもちろん、企業や地域、ご家庭においても、あらためて現在想定される事態を確認して、具体的な対応策を考えたり、事前準備を進めるきっかけとなれば幸いです。

講師名

佐藤慶一(専修大学 准教授)

講師プロフィール

1978年生まれ。東京工業大学都市地震工学センター研究員、東京大学社会科学研究所助教、同准教授を経て現職。想定首都地震・南海トラフ巨大地震後の仮住まい対策を研究。2017年3月11日のNHKスペシャル「シリーズ東日本大震災 “仮設6年”は問いかける ~巨大災害に備えるために~」に出演。